療育小集団指導

・子どもの発達支援、子育て支援を行います。
・発達に遅れやつまずき、障がいがあり発達支援を必要とする就学前の子どもが対象です。
・少人数グループの中での遊びや生活作りを通して、心身の発達を促し、子どもが持っている力を発揮出来るように支援していきます。
・母子(保護者)通園形態です。

(上から順に 保育室1、保育室2、保育室3)

(上から順に 廊下、厨房、プール)

療育個別指導

・主に幼稚園、保育所に通っている子どもたちへの発達支援を行います。
・人との関係やことば・認識の高まりを目指して、療育保育士で対象となる子どもたちと個別的に関わります。
・自閉症または自閉傾向のある子どもたち、知的障害のある子どもたちに対して、発達状況にあった課題を設定し、知的発達、ことばの発達、場面の理解を促します。

★NEW 訪問療育指導 (平成27年度開始事業)

・幼稚園、保育所に通っている子どもたちが生活する園で、専門職員が訪問して療育指導を行います。
・人との関係やことば・認識の高まりを目指して、療育保育士が対象となる子どもたちと個別的に関わります。
・自閉症または自閉傾向のある子どもたち、知的障害のある子どもたちに対して、発達状況にあった課題を設定し、知的発達、ことばの発達、場面の理解を促します。

・幼稚園や保育園の担当職員と協力しながら、子どもたちの発達支援を行います。